ピーカン亭
忍耐の岡山
 明けましておめでとーございます。本年もどうぞよろしゅうに。

 ただ今実家である。時間は1月2日の朝5時前。
今日は箱根駅伝往路という私てき一大イベントday。しかし観ることはできない。
結婚一年目の今年は実家で過ごすという両親への顔向けが、一般的礼儀であろうと、
ここで過ごしているのだが、これがあまりにの過酷さに、すでに二人してガッチガチやねん。
理由は一つ。テレビが観られない。高尚な両親の下、紅白すら観せてもらえないのだ。
さすがの一日目はまだ耐えられた。しかし二日目の夕べ、ネットも容量制限がかかっているため
動画が観られない。夕べは両親の質問攻めから逃げるように21時には就寝。
しかしすることがないので、隠し酒を飲み(酒もコソコソ…)、ひたすら朝を待つだけの地獄の試練。
・・・実家へはもう日帰り帰省しか、もう無理だ。。。。
実際私も普段からとんぼ返り帰省ばかりだった、そういえば。今更気づいてどーする!!!
 ともかく、今日の新幹線でやっと情報網のある日常、お笑い番組の観られるユルイ我々の日常へ、
やっと戻れるのだ。犬の散歩の後、とっととここから逃げるべし!!!!!!!

 新年一発目のブログがこのような愚痴になってまうだなんて。。。。。。。(ノ_<)
平成肉年お疲れチャン
 今年最後のブログとなるだろう。

 ・・・今、29日の夕方5時過ぎ。TVをつけているのだが、テキトーにチャンネル変えながら、
笑ってはいけない見たり、家ついてっていいですか見たり、NHKに回したら演芸図鑑っていうトーク番組、
ゲストの作家である湊かなえさんが現れた。。。。。(○o○)
あれまーーーーー!マジゆりやんレトリィバァまんまやん!!!!!
声も話し方も!!!ここまで雰囲気そのまんまってどーいうこと!!!???!Σ( ̄ロ ̄lll)

 ・・・と驚いたワケで、こんなこと冒頭に書こうだなんてこれっぽっちも思ってなかったのだが。
あまりのショーゲキについつい・・・。ヾ(^-^;

 今年もそうだが、ここ2年、再度の上京から人生が激変した。
勿論ダンナとの再会だ。今年は家族とまでなってしまった。だから墓もハシグチ家に入る。
先日もウチには子供がいないから、うちら二人死んだら何年墓を残す?って話し合ったり。

 来年は、これはワタクシ事だが、3月で仕事を辞めるので、予測できない暗黒へと突入する。
今の職場、時給1800円で自由で上司の神ハラ君と冗談ばっかり言ってデスクでスマホ堂々と操作して、
・・・とまぁ企業ではあるまじきエエカゲンな職場で楽チンなのだけれど、、、退屈が苦しくなった。
ふたたび茨の道へ身を置こう、と、つか、次回からは短期間派遣ばっかりで繋げていこうと。
あと2年、同じ派遣会社で繋げてゆけば無期雇用の権利を得る。有給日数も毎年増える。
とにかく背筋伸ばしてシュッとして。60歳まで派遣の業界で頑張って生きたいもの。

 私の仕事は昨日まで。だけどダンナは明日の夜中まで業務中。
特にトラック業界のダンナは先週が天王山だったそうで、その余波の激務が続いている。
先週の日曜日、ダンナの職場繋がりのお友達との忘年会、同年代の輩から、
いつまで続けるのそんな激務と心配されている模様から、私もちょっと不安になる。
年明けたら、ダンナ54歳ですよ、波平さんと同い年ですよ、そんなジジイ。(。し_し。)ノ
・・・そーいう私も50はすぐそこ。もう充分過ぎるほど世間では大人なんだなぁと。
けれど、ダンナのお友達3名と私たち、平均年齢55歳くらい?なんだけど、
なんでみんなこんなにおバカやねん!ってほどに有馬記念で大騒ぎ。( ̄▽ ̄*)
浅草の場外馬券場で馬券買って、周辺のぼったくり居酒屋でのライブ中継でぶっ飛ばす!!
ダンナはギャンブルしないから3千円、その他3名かなりの額が番狂わせ、悲しい結果の紙吹雪。
だけど初めての競馬観戦(場外だけど)は、周囲の老若男女が一丸となってのフィーバーぶりで、
カテゴリはなんであれ、熱く燃える何かに一喜一憂する姿、エネルギーっていいものだなと。

 あんま面白いネタなくて、自分のボヤキばっかり書いてて、そんなブログですけれど、
面白い事書けるよう眼ぇ光らせて頑張りますので、来年も懲りず宜しくお願いします。。。(。・"・。)ノ

asakusa01.jpg
お世話になってます納税
 12月となり自宅での生活があわただしくなった。
というのも再び主婦生活が舞い込んできたのだ。( ̄w ̄)Ψ
ふた月ほど前、週末婚の我が家にダンナが毎夜帰ってくるという事態が発生した。
納税者主婦として、ダンナのよそ行き飯を2食作るということは至難の業だった。(。し_し。)ノ
その多忙な主婦生活は3週間ほどで終わり、また気楽な週末婚を堪能していたんだけど。。。
※因みに「よそ行き飯」とは、一人暮らしの長い私にとっての自分飯はあくまでもエサであり、
それはアトピーを配慮しただけの代わり映えのしない酵素玄米飯・野菜・豆ばかり。
さすがに一般の人にそれを食べさせるワケにはいかないので、料理本に載る献立ごはんは、
私にとっては「よそ行きの声」ならぬ、「よそ行き飯」の部類なのだ。・・・説明が長いっちゅうねん!

 再び訪れた多忙な主婦業、今回はいったいいつまで続くのだろうか。。。。。。。┗|゚Д゚*|
 そんなワケで毎晩の献立と朝ごはん。食材は毎週土曜日、近所のCOOPで調達している。
15時以降に行けば肉類は40%オフとなるので一週間分ガッツリ補充。(o`Θ´)ノ
他に、ふるさと納税サイトで購入した黒毛和牛1.75kgが7パックに小分けされた切り落としが大活躍している。
1パック250gずつを解凍して、献立一つに125gを使う。残りはまた冷凍して2~3日ですべて使いきる。
一度解凍したものをまた冷凍なんて味落ちるんちゃうん~?と思いきや、
それは腐っても黒毛和牛!一切の臭みはない。(・o・)ノ
結構いいお肉だし、これが一万円の寄付金で1.75kgやってきた。
ふるさと納税というだけあり、そのご当地肉が返礼の対象だが、取り寄せた自治体はなんと泉佐野市だ。
泉佐野市ってドコ???と関西以外の人々は思うだろう。
つか、逆に関西付近の人々は、なんで泉佐野市が銘柄和牛??と思うことだろう。(たぶん)
泉佐野牛なんて聞いたこともなく、つか関空の玄関口、泉佐野に牛なんておらん!(はず)
その内容とは、泉佐野市の焼肉屋が全国から取り寄せたバイヤー目利きの和牛らしい。
産地がまぜこぜだからお安く設定できる価格なのか?しかし味は申し分なくめっちゃ美味いと評価!
どこの銘柄だかわからなくとも、美味しければそれでええ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
昨年はご当地有名牛の切り落とし1キロを1万円の寄付金で取り寄せたが、
銘柄和牛とはいえ所詮はひらひらの切り落とし肉だった。
その点泉佐野バイヤー産は、「肉厚の切り身だし味も濃くてずっといいよ!」とは我が家の食べ盛り談。
(54になるオッサンが食べ盛りとはイカンともし難いが。。。(--;))
つまりは何が言いたいかと、ふるさと納税お肉は大阪商人魂が穴場かもよ!(*^▽^*)ゞ
(あくまでも私見です)
若かりし頃の思ひでとか
 ヤバイヤバイ、書くことがなくてすっかりほったらかし状態となり。。。m(*- -*)m
なんか、仕事行って帰って仕事行って帰っての繰り返しで、土日は雨が多かったからあんま行動してないし、
たまのひのはら山登りとか、プライベートそれだけ。仕事は、辞めよう辞めようとその時期を伺いつつも、
一年半勤めてたったの一度もなかった飲み会が2ヶ月前くらいにいきなりあって、というかエライさんに誘われて、
そのときの私がおもろいやっちゃという変なウワサがまことしやかに流れたようで、
それからエライさんチームのご飯会にちょいちょい呼ばれるようになって、メンバーはマチマチなんだけど、
夕べも美味しいご飯をごっそさんどした、みたいな。お酒作るの気ぃ遣うけど、美味しいご飯のためならば!
・・・というワケで、ズルズルズルと辞めづらく辞めづら~く。。。(T-T*)フフフ…
まぁ、そんな色々な、普段仕事で接することのない正社員さんそれぞれと言葉を交わすと、
色々な内情が見えてくるワケで。部署が大きいと色々とあれこれとあるもんじゃのぉと。あぁ、派遣でヨカッタ!
トハイエ、業務上では出来るだけ目立たぬよう、カモフラ柄に徹さないと、標的にされたら終了だもん。。。

 そうそう、先日押入れの片づけをしていたら、互いの二十歳頃の写真を発掘!
この写真をFBでアップしたらえらく反応されまして。ダンナにとっては30年以上前の写真なもんで、
この車はスカイラインですか?ケンメリくらい?・・・とにかく突っこみ所満載の写真がコレ!

17112301.jpg

 暴走族じゃないって本人は言ってるけど、まぁ実際その頃のバイク乗りはみーんなこんなスタイルだったって。
そうなん?????┗|゚Д゚*|
この泥臭いダンナ写真と真逆なワタクシの爽やか~な写真は2度目の北海道ソロツーリング時のもの。
知床の海をバックに始動がまだキック式だったバハ子ちゃんとのツーショット!23歳くらいかな。
あのころは、、、本当に細かった。。。。今よりマイナス10キロの若かりし頃。。。。。( ̄▽ ̄*)

17112302.jpg

 あ゛ーーーー、本当にネタというか、話題がありません。
今日も雨だから何処にも出掛けず、雨がやんだら最近はまっている土曜日恒例の江古田へ行くかな。
うちから距離にして10キロほどの江古田を私はとっても気に入っており、たまに一人ブラブラしている。
魅力的なベトナム料理屋さんがあったり、古着屋があったり、パン屋さんがあったり。
そして何よりも気に入っているのが、トルコ料理屋さんのテイクアウトケバブ!!!o(=´∇`=)o

171123_kevabu.jpg

300円のケバブって、珍しくない??通常500円だよね!!!
300円(本日じゃなくて、毎日です)だったら買っちゃうよ!しょっちゅう!!
つか、それくらいに私はケバブが大好物で、しかも毎回激辛をオーダーするもんだから、
イタリア人の店員さんにめっちゃ覚えられて、「辛イノマジ大好キネ~!!」とか笑われながら、、、
毎週のように、いや、ほぼ毎週ここに私は通っているのだ。。。。。ヾ(^-^;
雨もあがったようだし、午後は毎度の江古田ツアーかなっと!d(・o・)o

 あ、そうそう、ワタクシ、今日から日曜日まで4連休!!!(*^ワ^*)
ダンナは相変わらず日曜日のみの休暇なのだが、奥様は勝手に遊びにゆく。
だって自分の稼いだ金で遊ぶんだもーん!かまへんやん!v( ̄∇ ̄)ニヤッ
職場の上司、神ハラくんが4連休で上海一人旅だそうで、じゃぁあたしも休む!と連休決定。
この自由さがいいよね~、つか、他の会社では有りえないよね~、けど辞めたいんだけどブツブツブツ。。。

 ちなみに、明日はプチッと一泊ツーリングの予定です。寒さでメゲなければの話ですが。
ツーリング無事遂行できれば、少々のマシなネタも書けるのかもと。。。( ̄w ̄)Ψ
昨今の女性ライダーに思いを馳せる
 ド雨の休日、日曜日。
昼から私の地元、中野の場末韓国料理屋さんでお友達のMちゃんと女子会ランチ~!(*^ワ^*)
の予定が、ダンナがお邪魔虫の女子乱入会だ。Mちゃんは現地ソウルに赴くほどの韓国ツウなので、
わざわざこのマニアック店の為に遠征してきてもらって、そしてツウジャッジの判定は本格派!(・o・)ノ
とイチオシいただき、3時間近くもゆずサワーで飲み食いし、
女子会ランチがオッサン色ですっかり呑んだ暮れに・・・。( ̄ロ ̄lll)

 「茹で豚のポッサム」は白菜でロールしてヘルシーおいしー薬膳だー!ヽo(=´∇`=)o
※食事一覧、たくさんオーダーした分、ガッツクのに必死で写真がコレしか撮れず。。

mamakimuchi.jpg

 Mちゃんランチまでの午前中の間はユーチューブを見て過ごした。
お題の、「女性ライダーうんぬんかんぬん・・・」 ソレである。
ここ最近ダンナがよく見ているユーチューブで、バイク乗り夫婦のツーリング(笑)ネタ。
 ・・・これから書くことは、こんなん書いたら先方のファンにバレたら命ないよ、パッシング酷いよ!
という内容だ。しかし解っていながらも、もういい、書かずにはいられなく、、、だから書く。( ̄_ ̄|||)
その奥様とは、バイク歴3年ほどの初心者ライダーで詠っているが、
3年の経験で堂々と初心者を名乗っていかがなものかと私は思う。
つか、休みにはしょっちゅうあちこちツーリングに出向き、ユーチューブにUPしてファンを獲得している模様。
私たちはそのおよそ一年分以上に及ぶ夫婦ツーリングを面白おかしく年代順に見ていたのだが、
それは初めのうちだけだった、最近は、真面目にバイクに乗っている私にはただ腹立たしいだけの映像となり。
というのも、最初の頃よりも走行が下手になっているという不思議!
経験を重ねるごとに下手くそになるってどーいうこと!??ヾ(* ̄  ̄)o
その下手くそぶりは、高速道路(太くまっすぐ)は常人モードで走れるのだが、
いざ地道(彼女に言わせれば酷道(こくどう)らしい、)に入ると、「細いのイヤ!対向車怖い!」が始まり、
Uターンは当然できるワケなく、ヘッピリ腰でよいしょよいしょと戦々恐々で取り回し、
特にお話にならないのがカーブが曲がれないこと。バイクが倒せないから直滑降でカーブを突き進むのだ。
緩いカーブにさしかかると、「クネクネやだ!ヘアピンカーブ怖い!鋭角イヤー!」が始まる。
おねーさん、ヘアピンカーブってのは、ひらがなの「つ」の形のカーブだよ、緩やかを鋭角とは言わないよ、
しかし彼女にとってのカーブはその全てが「ヘアピン」であり「鋭角」なのだ。(TwT。)
一緒に走っているダンナはその奥様の間違いを指摘するでなく、ただただ優しく微笑みながら見守っている。
誰か視聴者で指摘してあげる人いないの?って不思議なんだけど、
同時に書いているブログ版でもその間違った知識を大いに発揮し、
コメント欄にはファンと見受けられる優しい男性ライダー陣からたくさんのコメントが、
「そうそう、立ちゴケせず無事に帰宅することが上手なライダーですよ」と書き込まれている、マジで?
そーやって現実を知らさず泳がすから、いつまで経っても上達せずバカっぷりを披露し続けるのだろう。
免許取って数年、しょっちゅう走りに行ってるのに、まったく進歩のないヘナチョコライダー。
うちの夫婦間でもし奥様(私)がその仕様だったら、センスないから!!と強制的に辞めさせられているだろう。
ま、うちはうち、世間のアイドルライダーはそれでいい。

 ・・・いや、いいのか?腐ってもオートバイなのだよ!(。・"・。)ノ
もうちょっとプライド持って(得て)恰好よく走ってほしい、それがライダー、、、とはこれまた昭和の考えなのか。。。
バイク人口が減ってしまった今、こんな情けないヘナチョコ以下ライダーがもてはやされる時代なのか。
下手くそすぎても大型免許が取れるほどにバイクを売りたいのか。
 上手になりたいとベテランライダーのライン取りを真似しながら走りを教えてもらい、
数々の強化合宿やオフライディングスクールを経ていつしか峠を、
颯爽と駆け抜けるライダーを、目指す女性ライダーは、、、すでに化石。(。し_し。)ノ
・・・まぁ、遠い将来、電気バイクの時代ともなれば、、颯爽なんてどーでもよくなるのかもしれないし。

 同じ女性ライダーとして、波風を立てずそんな人無視しておけばよいものを、
トハイエ情けなさすぎて書かずにはいられなかったのだよ・・・・・。(TωT)