ピーカン亭
日帰り温泉ツーリング
 前回の記事から続いて、土曜の夜、ダンナは夜中の12時半を過ぎて帰ってきた。
疲れたー…!!!の連続で、お風呂に入り酒とご飯と、そして2時の就寝。
布団に倒れるや否や普段かかない大イビキが始まった。
「しょっぱい仕事だった」と言うほどに疲労困憊なのだろう。(×_×;)
 翌朝目覚め、ベランダからの空は晴れていたからか、「ハヤブサ温泉行こーぜ~!」ときた。
ハヤブサ温泉とは、山梨県牧丘町隼に位置する日帰り温泉施設だ。
往復で250キロ超え。週6日の仕事でどんなに疲れていても、遊びは違うのだろう。

 朝、10時前に出発し、首都高永福から上に乗り、バシュンと大月までほんの1時間チョイ。
道路事情はガラガラだった。梅雨に入ったばかり、レジャーに出る民族は少ないのかも。
つか、走りのバシュンといえば、もちろんダンナの1300ccバイク、スーパーデューク様だ。
私もライダーで常に走っていたいのだが、さすがに1300ccと250ccでは排気量が違い過ぎて
2台ではとても走れない。タンデム(二人乗り)で、新緑たわわな山並をビュンビュンと走り行く。

 ランチは大月の私お気に入りのうどん処、「彩」にてガッツリと腹を満たす。(# ̄ー ̄#)
噛み応えのある山梨県のご当地グルメ、吉田うどん麺はプリプリっと活きがイイ!!!

1706hayabusa01.jpg

 大月からはR20号~笹子峠の旧道~、勝沼からフルーツラインを走り、(*^ワ^*)
広大に広がる甲府盆地、今が旬のサクランボ街道をめいっぱい眼に焼き付けて、ハヤブサ温泉到着!

1706hayabusa02.jpg

 源泉掛け流し100%の湯量は、備え付けのカランからシャワーから全てが源泉の贅沢だ。(=´∇`=)
アルカリ性の温泉で、萎れたジジイとババアにはホッコリの癒しとなり、そしてバシュンと帰途に付く。
 しかーし復路の中央道は相当なババ混みが目の当たり、、、(なんと事故渋滞が三重!!!)
ながらも、すり抜け駆使して17時から始まるTV、「探偵ナイトスクープ」にはギリギリ間に合った帰着時間。

 今週末もしっかり遊んだ分、サラリーマンの平日、頑張りまっさ!(o`Θ´)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する