ピーカン亭
昨今の女性ライダーに思いを馳せる
 ド雨の休日、日曜日。
昼から私の地元、中野の場末韓国料理屋さんでお友達のMちゃんと女子会ランチ~!(*^ワ^*)
の予定が、ダンナがお邪魔虫の女子乱入会だ。Mちゃんは現地ソウルに赴くほどの韓国ツウなので、
わざわざこのマニアック店の為に遠征してきてもらって、そしてツウジャッジの判定は本格派!(・o・)ノ
とイチオシいただき、3時間近くもゆずサワーで飲み食いし、
女子会ランチがオッサン色ですっかり呑んだ暮れに・・・。( ̄ロ ̄lll)

 「茹で豚のポッサム」は白菜でロールしてヘルシーおいしー薬膳だー!ヽo(=´∇`=)o
※食事一覧、たくさんオーダーした分、ガッツクのに必死で写真がコレしか撮れず。。

mamakimuchi.jpg

 Mちゃんランチまでの午前中の間はユーチューブを見て過ごした。
お題の、「女性ライダーうんぬんかんぬん・・・」 ソレである。
ここ最近ダンナがよく見ているユーチューブで、バイク乗り夫婦のツーリング(笑)ネタ。
 ・・・これから書くことは、こんなん書いたら先方のファンにバレたら命ないよ、パッシング酷いよ!
という内容だ。しかし解っていながらも、もういい、書かずにはいられなく、、、だから書く。( ̄_ ̄|||)
その奥様とは、バイク歴3年ほどの初心者ライダーで詠っているが、
3年の経験で堂々と初心者を名乗っていかがなものかと私は思う。
つか、休みにはしょっちゅうあちこちツーリングに出向き、ユーチューブにUPしてファンを獲得している模様。
私たちはそのおよそ一年分以上に及ぶ夫婦ツーリングを面白おかしく年代順に見ていたのだが、
それは初めのうちだけだった、最近は、真面目にバイクに乗っている私にはただ腹立たしいだけの映像となり。
というのも、最初の頃よりも走行が下手になっているという不思議!
経験を重ねるごとに下手くそになるってどーいうこと!??ヾ(* ̄  ̄)o
その下手くそぶりは、高速道路(太くまっすぐ)は常人モードで走れるのだが、
いざ地道(彼女に言わせれば酷道(こくどう)らしい、)に入ると、「細いのイヤ!対向車怖い!」が始まり、
Uターンは当然できるワケなく、ヘッピリ腰でよいしょよいしょと戦々恐々で取り回し、
特にお話にならないのがカーブが曲がれないこと。バイクが倒せないから直滑降でカーブを突き進むのだ。
緩いカーブにさしかかると、「クネクネやだ!ヘアピンカーブ怖い!鋭角イヤー!」が始まる。
おねーさん、ヘアピンカーブってのは、ひらがなの「つ」の形のカーブだよ、緩やかを鋭角とは言わないよ、
しかし彼女にとってのカーブはその全てが「ヘアピン」であり「鋭角」なのだ。(TwT。)
一緒に走っているダンナはその奥様の間違いを指摘するでなく、ただただ優しく微笑みながら見守っている。
誰か視聴者で指摘してあげる人いないの?って不思議なんだけど、
同時に書いているブログ版でもその間違った知識を大いに発揮し、
コメント欄にはファンと見受けられる優しい男性ライダー陣からたくさんのコメントが、
「そうそう、立ちゴケせず無事に帰宅することが上手なライダーですよ」と書き込まれている、マジで?
そーやって現実を知らさず泳がすから、いつまで経っても上達せずバカっぷりを披露し続けるのだろう。
免許取って数年、しょっちゅう走りに行ってるのに、まったく進歩のないヘナチョコライダー。
うちの夫婦間でもし奥様(私)がその仕様だったら、センスないから!!と強制的に辞めさせられているだろう。
ま、うちはうち、世間のアイドルライダーはそれでいい。

 ・・・いや、いいのか?腐ってもオートバイなのだよ!(。・"・。)ノ
もうちょっとプライド持って(得て)恰好よく走ってほしい、それがライダー、、、とはこれまた昭和の考えなのか。。。
バイク人口が減ってしまった今、こんな情けないヘナチョコ以下ライダーがもてはやされる時代なのか。
下手くそすぎても大型免許が取れるほどにバイクを売りたいのか。
 上手になりたいとベテランライダーのライン取りを真似しながら走りを教えてもらい、
数々の強化合宿やオフライディングスクールを経ていつしか峠を、
颯爽と駆け抜けるライダーを、目指す女性ライダーは、、、すでに化石。(。し_し。)ノ
・・・まぁ、遠い将来、電気バイクの時代ともなれば、、颯爽なんてどーでもよくなるのかもしれないし。

 同じ女性ライダーとして、波風を立てずそんな人無視しておけばよいものを、
トハイエ情けなさすぎて書かずにはいられなかったのだよ・・・・・。(TωT)
スポンサーサイト
秋のワンゲルツーリング
 秋晴れの休日、3連休の後半だ。
ダンナさんが珍しく連休となったので、そりゃもうワンゲルへ繰り出すしかないでしょ!!(*^-゚)v
バハ2台になってからの初ツーリングへGO~~~!!!☆^▽^☆
今までの1300㏄スーパーデュークと走るツーリングはインカムを利用することで苦でなくなったものの、
同じ250ccとなれば、同じ馬力の加速で同じエンジン音を唸らせながら走る、この心地よさったら、もう最高!!!

 ルートは、互いにETCが搭載されていないからずっと地道で、詳しい私が道先案内人だ。
東八道路とR16号で神奈川県の橋本までチンタラ走り、そこから先は県道63号でチマチマと大磯まで。
大磯からは小田原厚木道路(高速)に乗ってビュビュビュン!!!と熱海峠へ。o(^∇^)oワーイ♪
そこから先は伊豆スカイラインを快適に走り、鬱蒼としたクネクネ県道59号、
ワサビ田街道を突っきって、そして天城超え。

201710wan_01.jpg
201710wan_02.jpg

 旧道のフラット林道でリアタイヤを滑らせながら走りのコツをダンナから教えてもらったりして、
二つ目四つが快調に下田街道へとまっしぐら。途中我々のような夫婦ライダー何組かに遭遇したが、
二人してバンッバンにすっ飛ばしてる下品なカップルは私たちだけ・・・。(* ̄▼ ̄*)
つか、ここ最近、下品というかヤンチャというか、アグレッシブルな走りのライダーって見かけなくなったよね・・・。
電気自動車の普及に電化バイクの開発にと、時代はエコに遷移しつつある昨今。
私たちのバハ、排ガス規制装置なしの空冷バイクはすでに時の人となっているのだ。。。(T-T*)

 ワンゲルは1年前から食事提供がなくなり、途中のマックスバリューで食材をテンコ盛り買い込んで、
そしてワンゲルへとーちゃこ!(=´∇`=)
17年前にこのお宿で出会った私たち、コードーさんとサダコさんへ結婚の報告をして、
まるで田舎に帰ってきたような、そんな心地よさにすっかり馴染んで(お客は私たちだけだったからより)、
調子に乗りすぎたダンナは買い込んだお酒を一夜ですべて消費してしまうという失態を犯してしまい、、、
まったく・・・!(。し_し。)ノ
でも楽しかったな~!お天気も最高だし、長い付き合いとなったおやっさんとお母さん、
ずっとずっと長年バイクに乗り続けた結果に得たこの空間、本当に大切な財産です。(@^_^)ゞ

 復路はダンナの先導で、ダンナお得意の西伊豆コース、それはいわゆる強化合宿ツーリング!!!
これが新妻への扱いなんかぃ!!!~~ヽ(▼o▼)
ってほどのスパルタ走り(着いてゆく私が悪いんですけどね、、)で蛇石峠と仁科峠を駆け抜けて、
修善寺から山伏峠経由でまたも伊豆スカイラインへ入り、
雲の狭間からニョッキリ顔をのぞかせた雪のない黒い富士山にコンニチハ!d(・o・)o
峠を抜けると通常ババ混みの箱根新道も午前中ゆえのサクサクロード、
その後小田厚大磯ICで地道へ降りて、私が超お気に入りの大盛り大衆食堂、
「善磯」さんで満腹ランチ!このボリュームアジフライが700円というリーズナブルだ!

201710wan_04.jpg

 ガッツリ栄養補給の後は、ただひたすら往路と同じチマチマコースを移動するのみ。
山走りの楽しみは伊豆半島までだけれど、
それでもインカムでわちゃわちゃお喋りしつつのバハ走行はとても楽しく。(^▽^)V
バハ2台、我が家にとって、二つ目四つは最高のオモチャとなり~!(*^ワ^*)

201710wan_03.jpg
時代
 ここのところまた多忙により更新が滞った。一週間前のことだが、とっても違和感を感じたことを書く。
2年縛りのauからの乗り換え時期がやってきたので、色々と検討した結果格安スマホへ乗り換えて、
動きがどんくさいキョーセラURBANOからシャープのハイスペック新機種に換えたところ、
こーれがサクサク俊敏に動く心地よさ!!!(*^ワ^*)
これがゼロ円なんだもんなぁ。キャリア会社なんてもう使えないよー。(--;)>
通話10分間カケ放題付、デザリング機能付きで一年目は使用料が3千円(6ギガです)、2年目からは4千円。
そして3年目はまた他の格安会社へ乗り換えて、ピカピカの新機種となり乗り換え割で月々お安い使用料~♪
・・・2年後の格安市場が今とそう変わらなきゃ、コレ↑でいけるはず!(・o・)ノ

 ま、それはいいとして、その違和感ってやつですが。ヘ(・_・*ヘ)
今回応対してくれた担当者は若いおにいさんで、要領を踏まえた上で無駄のない的確な説明で、
ほぼ1時間内で契約が交わされた。
頭のいい仕事のデキル人、店舗のエースなのだろう、私は大いに評価した。┗|・o・|┛
しかし、、、男子に流行のまつ毛エクステというかマツ育を施した様は、、、
若い世代の間では「キュート」でウケてるのかもしらんが、、、
オバハン世代の私には、やはり理解に苦しむ。( ̄_ ̄|||)
まつ毛バッサバサの男子はパタリロまでは許可、けど現実のそれは、昭和の私にはキショイのひと言!
近い将来、バリバリ仕事のできるサラリーマンがマツ育やネイル当たり前って時代がくるのかしらん。。。。。

 余談だけど、つい先日、27歳の社員Tくんの発言にアラフォー以上世代は一斉に反応した。
「昭和のパワハラCMで話題になってる「24時間働けますか」って知ってます??」
ジジババ声をそろえて、「知らないのぉぉぉ~~~~黄色のリゲインだよぉぉぉ~~~~~!」

 か~わるか~わる~よ~時代は~かわるぅぅ~。( ̄▽ ̄*)
バハバカりなり
 先日の日曜日のこと。
バハ子タンデムでダンナとショッピングへ(ホムセンだが・・・)出かけた際、こんなんなりましてん。。。

baja_rentacar.jpg

 今年の5月GW時と同じ現象、バッテリー様がオシャカ?になりまして、
制動不能ゆえに任意保険のレッカーサービスで修理屋送り。。(×_×;)
しかし、今回のバハ子は高待遇だ!以前の熊谷レッカー会社のボロっちぃ4t車と大違いの、
ピッカピカのほぼ新車?4tロングのレッカー車でバハ子がポツーンとひとり乗り。VIP待遇だよまさに!
でもってバハ子の修理の行先は、いつもお世話になっているホンダXRのお医者様、府中のストラーダさんだ。
原因はバッテリーではなく(5月に交換したばっかりだもんな…)、レギュレータだった。交換費用は24,000円也。
バハ子よ、最近入院費がかさむのぉ。。。。ここ半年で9万円とは、痛いのぉ。。。( ̄_ ̄|||)
そして修理し終えて、また元気に復活したバハ子。(=´∇`=)
しかし、復活する毎にバハ子を狙うダンナを阻止せねばならん!(o`Θ´)ノ
ってことで通勤専用の中古車探しを始めまして、
オークションに詳しいオッサンズメンバーのSさんに問い合わせたところ、
なんと!XRとバハ、2台のどちらかを譲ってくれるという。(ノ´▽`)ノ
どちらか乗り比べて気に入ったほう、XRは23万、バハは20万のどちらか。お金のかからないのはバハだが、
しかし我が家にバハが2台(バハ子とバハ夫?)、そりゃこっぱずかしいし、俺には二つ目はいらねぇ、
スッキリスリムなXR押しだぜ~~~!とXRを購入する気満々だったダンナさん。d(・o・)o
しかしいざ乗り比べてみると、、、、XRの前後サスのフニャったくたびれ感に物申し、
あとタイヤの溝アルナシ、保険の残期間などなど、XRを直すのにプラス10万はかかるだろう、
・・・とバハを選んでしまったダンナ。( ̄w ̄)Ψ
なんとなんと!我が家にバハが2台、バハ子の元へ婿入りしてきたバハ夫くん(左の子)でーす!

Wbaja.jpg

「で、交尾はいつさせる?」
「どーやってさせるんだよ!!!」
「二つ目で見つめ合う」
「何が生まれるんだよ!!!」
「モンキーバハ」
「そんな商売あったらとっくに会社辞めてるよ!!」

 ・・・なーんて阿呆事ばかりいいながら、それでも今どき珍しい古いバイク、バハ2台ツーリングの夢は開いた。
ダンナはしみじみ、ここにきてまだ2年経ってないんだよなぁ。2年前何してた?アンタまだ大阪だろ?
東京に移住して付き合うようになって暮らして結婚して、そしてバハが2台・・・・・。
まさかの展開、事実は小説より奇なり、だよなぁ。。。

 ほんまにすごいと私も思う。バハもそうだけど、決して狙ってこうなったワケでなく、
行き当たりばったりの生活してたらこうなったワケで。
東京舞い戻りは、このまま大阪で派遣で生計たてるのは50過ぎたら無理だ、から決心して、
偶然この安い家賃の団地を見つけ色々と画策して入居の権利を得て、
こっち戻ってから15年来のバイク友達のダンナと飲みに行ったら酔っぱらいの勢いで付き合うことになって、
あれよあれよと家族となり、そしてバハ2台。。。。。( ̄∇ ̄;)

 ・・・・・お互い笑わずにはいられない、この流動人生。バハバカりなり。(モケさんいただきました~!)
私の愛する人
 私のバイク、バハ子(XR-BAJA)は1998年製の古いバイクだ。
私はこの人を10年ほど前に中古で購入した。その時すでに13000キロの走行距離。
それからずっと乗り続け、今や9万キロを超えるほどだが、私は生涯乗り続けるつもりだ。
私の足腰が立たなくなるであろう還暦の年まで乗ると考えてあと10数年、、、、、
できればそんなに距離は伸ばしたくはない!(ρ_;)
・・・しかし、これが困ったことにダンナが通勤に使うために乗っ取った状態なのである。
往復50キロ超えを週に6日、つまりは月に1200キロは軽く走ることとなる。。。
私のバイクなのに。。。自分のバイクで行きゃいいものを、
「スーパーデュークは大変なんだよー、軽くアクセル開けるだけで180キロ出るんだぜー、
色々と気を遣うんだよ、ババ子だとジェッペルで乗れるし短パンで乗れるし
ツッカケ(クロックス)で乗れるし、気軽なんだよぉ。。(〃_ 〃)ゞ 」
「あのなー!!バハ子を原付扱いすな!!!!!!ヽ(▼o▼) 」

 私はこのフザケタ言い訳に対し、ついにバハ子禁止令を勧告した。
…トハイエ掃除してくれたり修理してくれたりと手厚く扱ってくれてるから、
情状を酌量して、「週2まで許す!」ことにしたら、デュークや車で行ったりしながらも、
やはり毎日の通勤で操作するにはかったるいらしく、そのうち二日置きで帰ってくるようになった。
まぁ帰ってきても、今では夜中の2~3時頃という激務ゆえに、つまりは帰らんでええがな。
つか、この人は私と結婚したのかバハ子と結婚したのか。。。(o`Θ´)ノ

 そして今日、バハ子を許す週2の一日。
出勤際のダンナは、「ババ子とランデブーしてくるよ~」と嬉々として出掛けていった。。